【エクステリア】ルノートゥインゴ 2019マイナーチェンジ後 評価

ルノー。日産の親会社という事以外は意外とパッとしない印象のこの自動車会社は、日本とも違うドイツとも違う、独特の雰囲気を醸し出す「フランス車」をつくる自動車会社の一角を担います。

パッとしないと書きましたが、それはディーラーが少ないだけ。日本でも固定ファンは多く、昔から大きく変わらないモデルラインナップに安心感を持つ人も多いはず。

有名どころではカングーですが、今回取り上げるトゥインゴも息の長いモデルです。その人気は間違い無く、独特のデザインも影響していると言っていいでしょう。沢山の写真とともに、ルノートゥインゴの素晴らしいエクステリアデザインをご覧いただきましょう。

Renault TWINGO

エクステリアデザインの評価

星4つ!おしい!

2019マイナーチェンジ後のトゥインゴギャラリー

【エクステリア】ルノートゥインゴ 2019マイナーチェンジ後

可愛い!ルノートゥインゴ。サイドミラーにぶら下げられた買い物袋がオシャレさをアピール。

【エクステリア】ルノートゥインゴ 2019マイナーチェンジ後 CIマーク

輝くルノーCIマーク。小さいながらもボリューム感を演出する為、丸みを帯びたデザインに。

【エクステリア】ルノートゥインゴ 2019マイナーチェンジ後 ハッチゲート

ガラスハッチが映えるリア。この中にエンジンが収まっている「リアエンジン・リア駆動」は日本の国産車では珍しいレイアウト。

【エクステリア】ルノートゥインゴ 2019マイナーチェンジ後 エアーインテーク

フロントにエンジンが搭載されていないので、空気を取り込む口が必要。ボディサイドには写真のような、エアインテークが設けられている。

【エクステリア】ルノートゥインゴ 2019マイナーチェンジ後 ドアモール

写真のボディカラーは「ジョン マンゴー」というイエロー。深みがある黄土色が美しい。大きいサイドモールもかわいいですね!

【エクステリア】ルノートゥインゴ 2019マイナーチェンジ後 ブレーキランプ

斑点模様は可愛いけれど、シールなんです。これは標準装着される為、剥がしたバージョンは手に入らないそうな。

エクステリアの見どころ

はがね
きゃ〜〜〜〜!

みん
きゃ〜〜〜〜!

はがね
可愛いよね〜〜〜〜

みん
可愛いわよね〜〜〜〜

はがね
小さな車って それだけで魅力だけどさ!トゥインゴのスタイルは格別だね!

みん
個性的というか、リアエンジン・リア駆動をうまく取り入れたデザインだね!

はがね
みんさん、そこ重要だよ〜。読者様にぜひぜひ伝えてあげなくちゃ。

みん
うぉ、私が説明するの?

はがね
髪の色も同じ黄色なんだから当然だよ〜〜

みん
なんのこっちゃ。。。えっとね、簡単にいうと、小さいのに自動車してるのが良いね!

はがね
ほほう!?

みん
日本の軽自動車とは違う、箱型ではなくて自動車型。ユーティリティ優先の日本の軽自動車とは考え方が違います!

はがね
考え方!

みん
そうです!軽自動車は日本国内に敵が多く、乗るとわかりますが広いというのは相当な武器になります!

はがね
軽自動車はリアシートなんてカローラクラスより広いもんね。

みん
その通り。でもこれ、海外から見れば異常なわけで。

はがね
異常ですと!?

みん
リア側の衝突安全性を考えた場合に、軽自動車はすぐにリアの人に当たってしまうでしょ。トゥインゴはリアからの衝突も加味して、いきなり人に当たらないようにスペースを確保しているよ。

はがね
リアに搭載したエンジンがそれを物語っているね。衝突した場合、リアシートの下に滑り込むように設計されている。ボディ全体とエンジンで衝突を緩和するようにつくってるよね。

みん
そういう事!だからしっかり車の形をしているよ。これがトゥインゴが車として成り立っている逸品デザインのベースです!

はがね
他には!?

みん
ない!小さくてルノー顔で可愛いのだから、これ以上はありません!

はがね
結構でございます!

スポンサーリンク

エクステリアの詳細

妙にテンションの高い二人ですが、実際に車を見ればその理由はわかります。

車の形をしている・・という文言の通りで、トゥインゴはボディサイドの凹凸を緩やかに作り込んでいるのが写真からもわかると思います。タイヤハウス外側のアーチラインも、ドアにつけたサイドモールも、デザインで飽きさせない為の工夫です。

そしてさらにラウンド感を出す為に、ドット柄のサイドストライプを標準で貼り付けています。RRの特徴であるエアインテークも付いています。これだけ様々なギミックを入れてあれば、トゥインゴの見た目は楽しいものになるでしょう。

また、リアには大きなガラスハッチが。ブラックで統一されたガラスハッチはドアのサイドモールとともに、車のエクステリアのインパクトを与えるのに一役買っています。

これだけ様々な仕掛けをエクステリアに突っ込んであるのです。軽自動車プラスちょいで購入できるとすれば、安い買い物じゃないかな?

ルノートゥインゴ エクステリア評価

【エクステリア】ルノートゥインゴ 2019マイナーチェンジ後

というわけで褒めまくったトゥインゴですが、やはり一点だけ文句(!?)を言うとすれば、ドット柄のシール。かわいいのはわかるのですが、シールはシールです。

だんだんと劣化してきて、端から剥がれてきそうですし、欲しくない人もいるのではないでしょうか。ここは選べるようにしておいて欲しかったと思います。点数としてはここで星ひとつ減点といたしました。

でも、満足感の高い車だと思いますよ!

Renault TWINGO

エクステリアデザインの評価

星4つ!おしい!

ボディカラーは5色。イメージカラーの「ジョンマンゴー」、白の「ブランクリスタル」、情熱的なレッドカラーの「ルージュフラムM」のほか、青系で2色「ブルードラジェ」「ヴェールピスタッシュ」。

フランス用語かしら?聞き慣れない言葉が多いですね・・・

最小回転半径4.3mと取り回しもいいし、軽自動車を考えるのなら是非とも一度試乗してほしい。エクステリアだけで買っても良い、良い車ですよ!

Renault TWINGO EDC

全長 3,645mm x 全幅 1,650mm x 全高 1,545mm

ホイールベース 2,490mm

ボディカラー 5色

乗車人数 4名

タイヤ 前後 165/65R15 185/60R15(15インチアルミホイール)

希望小売価格 ¥1,986,000